fc2ブログ

大変なことに(嬉しい意味)になった!

昨日は寒かったですね。
さすがに石油ストーブ使いました。
でも....。
思ったより足元は寒くて。
居間とは違うんだな...。
顔だけ暑くなるって感じでした。
それでもエアコンに比べたら段違いに暖かい。
今年は足元重視で着込むかな。

さて。
私は将棋が好きですが、一時期マスク事件などで印象悪くなってしまいました。
それを払しょくするような嬉しい事がありました。

藤井君の事は将棋を知らない方でもご存じと思いますが、
同じように将棋を知らない方でも、羽生さんの事もご存じと思います。
長く活躍され、記録づくめ、スーパーレジェンドです。
将棋のタイトルは今は8つありますが、そのうち7つのタイトルで
永世称号を持っていて、勝利数も1500勝を超えています。
タイトル獲得数はなんと99!

また、江戸時代から続く「名人」の系譜の中で、
いわゆる「大名人」と言って良い
大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人
に続く巨星、羽生さんは十九世名人の資格を有し
52歳の今も第一線で戦っています。

しかしさすがに往年の強さに陰りが見え始め、
昨年はデビュー以来初めて年間負け越し。
更にはずっと維持してきたA級からも陥落してしまいました。
もうだめだと、うるさいマスゴミや心無い人のコメントも増えていましたが
今期は往年の切れ味が戻ってきているように思います。

今年は今まで20勝9敗。
堂々の成績です。
そして私たちファンが望んでいた夢のようなことが現実となったのです。

将棋のタイトル戦、「王将」は現在藤井君が持っています。
その挑戦権をかけて、リーグ戦があり
なんと羽生さんは6人全員に勝ち、全勝で挑戦権を勝ち取ったのです!
全勝でリーグ戦を勝ち抜けたのは、ほんの数名だけ。
羽生さんはこれで複数回成し遂げました。

しかも、現在の3強(藤井君は神の領域で別格なので除外)、
渡辺名人・棋王、永瀬王座、豊島九段にそれぞれ勝ちました。
序盤苦しそうな感じのところ、中盤・終盤でひっくり返すという感じで
過去に流行した「羽生マジック」を彷彿させるような勝ち方でした。

今の将棋界の第一人者は藤井君で間違いないですが
ずっとこれまで支えてきたのは羽生さん。
羽生さん52歳、藤井君20歳。
羽生さんはご自身のお子さんよりも年下の若い王者に挑むのです。
すばらしい事ですよね。

で。
今勝っている3強や若手は序盤中盤をAiで深く研究し「暗記」して臨んでいる感じです。
で、藤井君はAiと同じ手順を踏むから、時には負けてしまう事もあるわけです。
でも。
将棋の本質を考えてみれば、「自分で考える、発想する」という点で
藤井君にかなわないのです。
また藤井君は「勝ちたい」というよりも「将棋を極めたい」という気持ちが強く
その点でも一般の棋士は及ばなくなっているんだと思います。

ただ。
羽生さんなら、藤井君とシンクロして、
すごい棋譜が残るのではないかと期待してしまいます。
羽生さんもまた、「将棋を極めたい。まだまだ鉱脈はたくさんある」と仰っています。
だから、これまでに研究されることのなかった領域に羽生さんが誘い、
「2人で道を切り開きませんか?」となるのではないかと。
そうすると純粋に「その場での切り合い」になる。
事前の研究はさほど役に立たなくなって、
「その場での発想力」(これは藤井君)と「過去の経験」(これは羽生さん)の争い。
羽生さんはもちろんその場での発想力もお持ちだけど、
そこで残念ながら「老い」との戦いになってしまうんですけどね。
だから今までの藤井君のタイトル戦とは全く違う将棋になるんだろうなって思うのです。

残念だけど、必ず勝者・敗者は決まってしまう。
でも、そういう次元ではなく
将棋の新しい道をお二人で切り開いて行くだろうなと思います。
だから藤井君は内心すごく嬉しいと思うんです。
大先輩であり、志が同じ棋士だから。
だから両者とも勝ち負けは全然気にしないと思います。

今から楽しみです。


関連記事
スポンサーサイト





blogram投票ボタン

にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ

ブログ王

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

50ちょっとのおじさん

Author:50ちょっとのおじさん
毎日元気に頑張りましょう!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
7位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード